WordPressパーマリンク設定の変更方法は分からない初心者もマネで解決

マネっこ運営

パーマリンクの設定は、初心者もサッサとやっておくべきです。

パーマリンクの設定って何ぞや?かもしれませんが、

wordpressで作成した記事やページには、それそれ固有のURLがつくので、このURLをどのようなルールで表記するかを決めるのが「パーマリンクの設定」です。

たとえば、今ご覧になっているこのページの固有URLは、以下の通りです。

amaguri3.net/  beginner-permalink-best1-944

このURLから、直接こちらのページを閲覧できることは、分かると思います。

では次に、「初心者/パーマリンク/ベスト1」という文字が隠れているのが分かりますか?

「初心者がパーマリンク設定するならコレが1番」と連想できるよう設定しました。

私自身があとから見ても「あっ、そうゆう記事を投稿したんだったな」と分かるようにしています。

設定方法にもよるのですが、URLを見たときに「何が書かれているか分かる」ということが重要なってきます。

その程度で十分にブログの運営はできます。

さて、wordpressではパーマリンクの設定画面をみると「デフォルト」「日付と投稿名」「月と投稿名」などが、初期設定として用意されています。

そして、私はこの設定1本に限る!

と思っているのです。新ブログを立ち上げる時は以下の設定が使いやすいです。

実際に投稿すると気付きますが、投稿名の日本語は摩訶不思議な記号で表記されます。

%E3%81%93%E3%82%93%E3%55%…(以下略)となが~い長い表記です。

この表記は、自分自身のストレスになるのはもちろんですが、リンクして頂けた時に、正しく反映されないこともあるので、自分で任意の文字列に書き換える方法を選ぶことで、あとで後悔が残りません。

より早い段階で設定してしまうことで、検索エンジンにヒットしやすくなったり、データが取りやすくなったりと利点で潤うことができます。

これから細かく説明していきますので、是非頑張ってみてください。

 

スポンサーリンク

 

パーマリンクの設定を変更

ダッシュボードを開いて【設定】から【パーマリンク設定】を選択します。

パーマリンク設定

 

任意でパーマリンクを設定するので【カスタム構造】を選択します。

パーマリンク設定-005-1

 

/%postname%-%post_id% と入力して下さい。

入力したら【変更を保存】すれば設定の変更が完了したことになります。

当サイトでも、こちらで説明した

/%postname%-%post_id% 

でパーマリンクの設定を行っています。

 

設定を変更したら投稿確認

設定を変更すると、どうなるのかを解説していきます。

例えば、オムライスについての記事を投稿をすることにします。

【投稿】⇒【新規追加】で投稿画面を表示します。

パーマリンク設定-006-1

タイトルを入力すると、下にパーマリンクが表示されます。

日本語でタイトルと同じ「オムライスについて-635」と表示されていますね。

右にある小さな【編集】ボタンを押すと、以下のように表示されます。

パーマリンク設定-007-1

赤線部分が、任意入力できるようになりました。日本語入力をアルファベット入力に変更します。

↓↓↓↓↓

パーマリンク設定-008-1

オムライスについて、連想できれば十分なので、難しく考えず「egg-cooking-omuraisu」とアルファベットにしました。

日本語入力でなければ大丈夫です。

アルファベットで入力が完了したら、右にある小さな【OK】ボタンを押します。

すると、パーマリンクが書き換えられました。

パーマリンク設定-009-1

これで、卵焼きについての投稿ページに固有URLを設定することが出来ました。

ちなみに、「653」の部分は変更できません。

 

なぜ、post_idの設定が必要?

/%postname%-%post_id% 

上記のpost_idとは、記事のIDのことです。例でいえば「653」の部分で、自動で表示されます。

記事数が増えて知らず知らずのうちに、任意入力した記事タイトル(記事ネーム postname)が重複した場合や、同じ記事タイトル(記事ネーム postname)を使用したい場合などは、記事IDがあれば、識別できる利点があります。

このpost_idですが、必ずしも1記事目のIDが「1」で、10記事めのIDが「10」とはなりません。

これは、自動保存機能が働くことが原因です。

前に書いたpost_idが「25」だったからといっても、投稿するまでに自動保存が30回かかっていれば、次のpost_idは「45」で自動表示されるということになります。

気になる方は、自動保存の解除ができるプラグインの導入して下さい。

 

スポンサーリンク

 

パーマリンク設定を変更する必要性

パーマリンクの設定変更は、実行した方が断然に良い。と、言えます。

もちろん、パーマリンクの設定を変更することは自由です。

ですが、ブログ記事が増えてから変更するのは、良いことではないと言われています。

そして早い段階で、パーマリンクの設定を決めたら、その後は「むやみに設定の変更をしない」ことも重要です。

ただ、私の経験上では、はじめのうちに難しいことを解説されても分かりませんでした。

分からなかったですが、やった方がイイ!という先行者が多いのであれば、やっておいた方がイイはずだろう。という判断で実行しました。

そんなノリで、少し頑張ってみたらいかがでしょうか。

 

英語が苦手でもできる対処法

英語が苦手な方は、英和や和英の辞書サイト自動変換機能を使って調べると便利です。

たとえば、Weblio辞書goo辞書などです。

他にも辞書サイトはたくさんありますので、自分にあった辞書を選んでみてはどうでしょうか。

検索窓から「単語 英語」と入力しても探し出せます。

単語を並べるだけですが、ある程度分かりやすいように並べる意識だけは残しておきましょう。

 

 

まとめ

パーマリンクの設定方法は、様々あるので自分の好みの設定を選べば良いのですが、どうすれば良いのか知識不足の時期は、上記の方法をご参考にして下さい。

ブログを運営していくと、ブログの方向性を変える場合もありますし、カテゴリー名やタグ名を変更する場合もありました。

知識が少ない初心者のうちは、ブログの方向性が明確になっていないので、そんな方にはマッチングした方法ですよ。

 

スポンサーリンク

コメント