稼げるまでのはじめてブログはキーワード選定VS記事作成どちらが重要?

マネっこ運営

ブログ運営は、自分でやってみないと分からないことだらけ。

そういえば、はじめて1か月の頃は、ド初心者だったので、全てにおいて「はじめて三昧」でした。

今思えば、右も左も分からないとは、このことなのかな(笑。

さーて今回は、将来ブログで収益を出そうと考えている初心者の方が、

  • キーワード選定
  • 記事作成

どちらを重要視して、作成しはじめればいいのかな?とその過程をたどっている私の独り言を綴ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

キーワード選定の重要性

ブログに訪れるユーザーは、何かを知りたいがために、Yahoo!やGoogleの検索窓を使って単語を打ち込みます。

その打ち込む単語をあらかじめ予想して、記事のタイトルに入れ込むのですが、

単語=キーワード

と読み換えて考えれば、とても分かりやすいです。

要するに、ユーザーが検索するであろう単語を選定することキーワード選定と言います。

投稿した記事を見るのは、検索ユーザーか自分です。

多くの検索ユーザーがブログに訪れ、投稿記事を読んでくれるように仕込むのが「キーワード選定」ですので、とても重要視されているのは言うまでもありません。

では・・・。

 

記事作成の重要性

…記事を書く。

…記事を書く。

…記事を書き続ける。

…やみくもに書き続ける。

…そして、飽きる。

 

やみくもに記事を投稿し続けても、ブログで安定した収益を生み出すのは時間がかかります。

運よく生み出していたとしても、運だけの収益は、次第に枯れてなくなる可能性が高いです。

 

もしも、あなたが外科医で、多くの命を救いたいと思っているとしたら?

優秀な外科医は、何度もオペの経験をしているはずです。

もちろん、持って産まれた天才気質の才能を生かしている方もいるでしょう。

ですが、そんな夢物語は一握りッッ!

その人は自分ではない。と思った方が賢明です(笑。

 

記事を書くという作業は、オペと同じです。

経験数で技術が上達していきますし、知識を積んできたからこそ、ケースバイケースに対応できる能力を備えていけるのですから。

全くもって、仕事と一緒です。

普段お仕事をしている方なら「お小遣い稼ぎ」として安定した3万円の収益を得ることは、さほど難しくないと断言できるでしょう。

ただね、やみくもに記事を書いていては3万円すら手に入れられないのも本当のおハナシです。

「記事を書く」という作業の重要性は、決して軽視してはいけないと肝に銘じておきましょう。

 

 

記事を書き続けることの重要性

記事を書くという作業の延長線には、

  • 分かりやすく伝える
  • 読みやすく構成する
  • 見やすく配色する

など、多くの要素が含まれて行きます。

また「分かりやすく伝える」と簡単にまとめましたが、

  • 画像を使う
  • 表やグラフを使う
  • 擬態語、擬音語を使う
  • 太字・赤字・下線を使う
  • イメージ色を使う
  • キャラクターを作る

など、たくさんの方法やアイデアが使われます。

でも、そのことに気付き始めるのは、もう少しだけ先のおハナシです。

初心者は、

「記事を分かりやすく伝えるために書き続ける習慣を付けること」

に重点をおいて、はじめから意識して取り組んだ者勝ちだと思っています。

ひと昔までは、500文字以上が目安の記事をたくさん書くことが重要視されていた時代があったそうです。中身のない投稿数だけの勝負で良かったそうです。

現役でブログの運営に奮闘している私からすれば、そんな時代は完全に終焉しているのが、肌で感じられるわけで…。

結局、記事を量産していた仲間たちは、辞めてしまう結果を見てきました。

 

まずは、300文字の感想を書く。

そして、500文字の感想を書く。

次に、800文字の感想を書く。

「記事」ではなく「感想」を書くだけでも、300文字、500文字、800文字の感想文は、とてもとても大変な作業です。

理由は、書いているうちに、何をどう書いて相手に伝えればいいか分からなくなるから。

私に至っては、自分が何を言いたいのかさえ、宙ぶらりん状態だったような気がします。

 

ブログを作成をするために「記事を書くこと」は、

  • どんなユーザーに向けて情報を発信するか

を考えることから始まります。

記事タイトルなんて、ヘタくそで当たり前です。

今すぐに気にする必要は、全くありませんね。

理由は、誰も見てくれない日々がしばらく続くから(笑。

1日1記事でもいいですし、タイピング作業が遅いなら3日に1記事でもいいですし、タイピングが苦手すぎるなら、音声入力で記事を作成しても構いません。

自分が決めた投稿間隔を守り、書き続けることをできるか?

はじめの分かれ道になってくるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

記事の書き方が分からないを解決

ブログをはじめたばかりの初心者は、何を書けば良いかと、何に注意すれば良いか考えてみましょう。

1記事目

はじめての投稿の気持ちをそのまま日記のように書いてみたらどうでしょうか。

「ただ頑張る」という意気込みを投稿するだけです。目標は、300文字以上です。

2記事目

漫画を読んだ。

テレビを見た。

音楽を聴いた。

覚えている出来事のうちのひとつを日記のように書いてみたらどうでしょうか。

ただ、日報のように投稿するだけです。目標は、500文字以上です。

3~5記事目

身の周りのモノや人物を見て、人に伝えられる事を探し、その事柄が伝わるように努力した感想文を書きましょう。

ポイント:カッコ内を参考に1000文字以上の感想文です。

投稿例:いつも使っているシャンプーについて(そのシャンプーを使い続けている理由)
投稿例:いつも飲んでいるヤクルトについて(便秘に効いているという事実)
投稿例:毎日通勤で使用している車(不便なところを自己流で解決した内容)
投稿例:毎日作っている家族においしいと言われる漬物(その漬物の作り方)
投稿例:毎日子供が使うランドセルが壊れた(色・種類・耐久性・壊れた理由)
投稿例:よく食べに行くラーメン屋(おいしいメニュー・空いている時間帯)
投稿例:毎日宿題をしない子供(どうやったら勉強をしはじめたか?)

 

続けていくうちにあなたの感想文を読んで、参考にしたい人が必ず現れます。

参考にしたい人=ペルソナ(検索ユーザー)です。

そのペルソナに合わせてタイトル選定ができるように成長していけるといいですね。

 

 

キーワード選定VS記事作成どちらが重要?

ブログ記事は、本業ライターのような記事の書き方をマスターしなくても、誰でも書くことができます。

感想文の延長で収益を生み出すことを可能にします。

ブログのメリットのひとつです。

記事という程のレベルでなくとも、誰かの役に立つ情報を伝えている感想文であれば、価値が自然と付いてきます。

ブログで収益を生み出したいのであれば、まずは正しい知識を意識して、記事を作成するということに早く慣れるべきです。

感想文程度の記事であっても、「ペルソナに情報を伝えること」を意識して書き続けてさえいれば、20記事程で記事っぽくなり始めます。

記事っぽくなり始めてから、タイトルのキーワードを選定していく知識を身に付けた方が、圧倒的にスムーズです。

というのが、私が経験してきて感じていることです。

では、頑張ってブログの世界を楽しんで下さい。私も楽しんでブログを書かせてもらっています。

 

スポンサーリンク

 

コメント