1日のアクセス数平均50以上で上位3割、平均100以上で上位2割に突入!

      2016/12/31

ブログ記事の地道な更新作業に疲れてくることはありませんか。

少しずつ記事を書くことに慣れてくると、記事数も増えていきます。

それと比例してアクセス数も増えていれば、モチベーションも自然と上がってくるものです。

しかし、なかなか記事を読んでくれる人が増えない場合、何だか更新も疎かになって…。

ということになっていませんか?

記事を読んでくれる人が少ないと思っているのは、自分だけの思い込みかもしれません。

実は、もう知らないうちに上位に突入している場合もあるのです。

モチベーションが上がる調査を見つけましたので、ご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

モチベーションが上がる調査結果

2013年3月に実施したリサーチバンクの調査結果が以下になります。

調査対象:10代から60代の全国男女、6566名を調査

ブログを開設している割合は?

リサーチバンク001

7割以上が、『ブログを開設したことがない』という結果ですね。

いわゆる100%閲覧側のユーザーであり、数か月前は私もそっち側の人間でした。

 

ブログの開設期間は?

リサーチバンク002

注目したいのは、6ヵ月~1年未満が少ない傾向ということ。

これは、この期間に脱落する人が多いのではないかと予測できます。

アクセス数を考えずに、この期間を超えることだけを目指すという、逆のモチベーションの持ち方もありそうです。

 

1日の平均アクセス数は?

リサーチバンク003

アクセス数とは、一般的にPV(ページビュー)を記すと言われています。

2013年の調査結果では、1日に50PV以上は、全体の3割以下という結果がでていますね。

50PVを超えた時点で上位の3割に突入したということになります。

そして、100PV以上なら、上位2割に突入したということになるのです。

ただし、調査は2013年に実施したものです。そのため現在も同様の結果が出るかといえば、分かりません。

ですが仮に、アクセス数50をPVでなくUU(ユーザー)として考え、50UUならもっと自信が持てるでしょう。

1日に50人訪れてもらえるブログを作ろうと思えば、できそうな気がしてきませんか?

 

更新頻度とアクセス数の関係は?

リサーチバンク004

こちらの調査結果では、毎日更新する人は、2割に満たないということです。

そして、アクセス数100以上を獲得するためには、ほぼ毎日の更新した方が結果がでやすいと分かりますね。

100以下と100以上で見比べると、更新頻度が高ければ高いだけアクセス数に影響すると、十分に仮説できる調査結果になっていると思います。

そして、この調査結果は現在でも当てはめられると考えられます。

その理由は私の実践データによるものからです。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

こちらのサイト『あまぐりさんねっと。』は気まぐれ更新です。

ただし、私は毎日更新している別サイトも運営しています。

こちらを『特化ブログ』と位置付けるなら、別サイトは『雑記・日記ブログ』と位置付けています。

先に立ち上げたこちらのサイトは、お恥ずかしいですが、現在10UU前後です。

たまに10UUを超えているようですが1日に50PVは超えていません。

しかし、毎日更新している別サイトは、運営期間が短いにも関わらず1日200PV以下はありません。150UU以下もありません。

という現状があります。

そして直帰率に関しては『特化サイト』のこちらの方が低いという結果が出ています。

こちらのサイトを訪れてくれたユーザーは、まだ数少ない他のページを閲覧してから離脱してくださいます。

直帰率は10%以下です。

それに対して、毎日更新している別サイトの直帰率は、80%前後をうろうろしています。

ほとんどの方が他ページを閲覧せずに離脱してしまいます。

ですが、投稿数が増えていくとともに、直帰率は緩やかに低くなっているようです。

色々な観点から、この結果をどう取るかは、まだ検証中です。

しかし、2013年3月に実施したリサーチバンクの調査結果が、アクセス数に伸び悩んでいる方の励みになれば良いと思います。

諦めずに、一緒に続けていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 - 初心者, WEBサイト